行列に並ぶアプリ(ウェイティングシステム)

前回行列に並ぶアプリが必要だという記事を書いた。

ウェイティングシステムという既存のサービスを無償化してくれるとありがたいのだが、新規で作る場合どんな機能があったらいいかテキトーに考えてみた。

基本的にはフードコートでブザーが鳴るやつと同じような仕組みかなあ。

1.Google Map, Open Street Map等を使って店舗が地図上からサービスをプロットできるようにする。例えば薬局がマスク等入荷したら入荷しました情報をプロットすることで客が行列待ちできるようになる。

2.検索機能を使って消費者がほしい商品を探せるようにする。例えば「マスク」とかで検索して近くの店舗を検索できるように。

3.列に並ぶボタンを押すと行列待ちになる。待ち人数も表示される。

4.順番がまわってきたら何かしら通知が飛ぶ。客は自分の番になったら店舗に購入しに行く。

5.サービス料いただかない代わりに広告枠作って、スーパーのチラシやらなにやらにリンクさせて収益化するとかする。消費者も特売情報とか同時に見られた方が便利だし一石二鳥。

■その他

・スーパー等は収容人数制限とかした方がいいと思うので、収容人数と現在の入店者数を表示できるようにする。マップ上でこれが表示されれば消費者も混んでるスーパー避けるようになって散らばるかも。

・スーパーはレジ待ちも行列になるので、各レジごとに「行列に並ぶ」ボタンを作る(スマホない人は適当なIDを都度発行する等必要かも)

■更に

去年の台風被害の時に市区町村のサーバがダウンしてハザードマップが見られなかったという苦い経験があるので、

・ハザードマップ表示機能もつけてしまう。

地図表示機能あるなら一緒にしちゃった方がいいし、ハザードマップ単体だと広告収益化難しそうだけど抱き合わせならいいんじゃね?

ハザードマップは市区町村に編集権限だけ与えて自前でやってくださいとお願いする事になるが。リアルタイムで警戒レベル表示できるようにしておく。

ほかにもなんかあるかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です