Blender 注連縄モデリング

Blenderを使って 注連縄をモデリングしてみたよ。

今回はスプラインカーブでモデリング。

ベジェカーブを縄の位置に描く(半分だけ)
縄の断面をカーブで描く。Circle並べただけだけど。

ベジェカーブのポイント選択してメニューから Tiltってところの数字をとりあえず360と入力。 こうすると前のポイントから一回転したことになる。この数字をどんどん増やしながらポイント1つ1つにこれを指定していく。順番に360, 720, 1080とかやっていけばどんどんひねりが増えていく。

反対側に鏡面コピー作って、こちらは反対にひねられちゃってるので、ポイントそれぞれのTiltが増幅するように値を変更。
ポリゴンに変換して真ん中のvertexをくっつける。Normalが裏返ってたら直す。

UV情報は自動で付かないので edge loop選択して seam設定して UV unwrapとかする必要がある。

注連縄を作るためにある機能だと言っても差し支えない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です